ハウスメーカーは信頼して依頼できる?

ハウスメーカーは信頼して依頼できる?

ハウスメーカーは信頼して依頼できるのか、気になる人もいることでしょう。
相当な悪徳メーカーというのは少ないでしょうが、自分が求めているベクトルと違う会社もあるので、見極めが必要です。
ハウスメーカー選びで気を付けたいのは、ネットの情報などである程度会社の方向性を知っておくことといえます。
例えばローコストではあるものの、すべてが同じつくりの建売物件であったり、同じローコストでも少しこだわったところもあるのです。
できるだけ安く収めたい人は、すべて同じ規格の物件だと材料費や構造費を節約できて安くできるといえます。
しかしよく見てみると構造が違ったりもするため、信頼できるかは吟味が必要です。
ネットの口コミを見ると、工事が雑などの情報が寄せられていたりします。
鵜呑みにはできませんが、そういった面も考慮しておくと安心かもしれません。

ハウスメーカーの基盤について

メーカーの基盤について説明します。
ほとんどのハウスメーカーでは、引渡し後の定期点検の体制を整えています。
大手ハウスメーカの場合、施工時の担当者が異動することも珍しくありません。
アフターメンテナンスは制度化されているため、引き続きフォローアップを受けることができます。
大手ハウスメーカーは経営基盤がしっかりしているので安心感もあります。
一方、工務店のメンテナンス体制は業者によって異なります。
基本的に困ったときに駆けつけてくれる地域密着型のサービスに強みを持っているところが多いので、いつでも頼れる存在です。
ただし、メーカーに仕事の依頼が複数ある場合は待たなければいけないこともあります。
ハウスメーカーやビルダーを選ぶのは、実際には人次第です。
どちらにも一長一短があり、何を優先するかによって、業者に求めるものも変わってきます。
安心・保証内容・アフターメンテナンスなどを重視するなら、経営体質のしっかりしたハウスメーカーをおすすめします。
できるだけ安く家を建てたい場合や、フルオーダーで自由設計の家を建てたい場合は、建設会社の方が有利です。

筆者:深堀一哉

筆者プロフィール

愛知県尾張旭市生まれ。
将来家を売る可能性も考え、大手メーカーの物件を選びました。